黒鯛の前打ち

ここでは、黒鯛の前打ち に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テトラの穴打ち専用ロッドを紹介します。

ダイワのブラックジャックスナイパー MSー42UMです。
実のところ、テトラの穴打ちに特化したロッドは、
このブラックジャックスナイパー MSー42UMしかありません。
他のメーカーを含めて。


 ダイワ(Daiwa) BLACK JACK SNIPER(ブラックジャックスナイパー) MSー42UM

黒鯛のテトラの穴打ち釣りのタックルの記事で紹介した通りの
必要な要素が凝縮されたロッドです。
胴のしっかりした、硬い超硬タイプで、穂先は超敏感な
感度を保つ、超先調子のロッドです。

糸を一切ださずに黒鯛を引きずり出すパワーも
秘めています。
もし糸を出してしまうようなら、ラインが細いもしくは、
腕力不足かもしれません。

テトラの黒鯛の穴打ちを極め、強引なやり取りを
楽しみたい方には、是非必要なロッドだと思います。

最初は、硬過ぎて細かな操作がやりにくい
かもしれませんが、練習あるのみです。

慣れれば、超エキストラテーパー独特の
操作性が快適になります。


釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!

スポンサーサイト
テトラの穴打ち釣りタックルは、基本的に
通常の黒鯛前打ちのタックルと同じです。

前打ちのタックルは⇒ここです。

ただし、竿の長さが若干短めの、
4.5メートル前後使いやすいです。

ポイントは足元のテトラ際の穴だからです。
一応、外洋の巨大テトラではなく、内湾の
中小型のテトラを前提とします。

ロッドは、胴のしっかりした、硬い、超硬タイプかつ、
穂先の柔らかい、先調子の前打ちor落し込みロッドがベストです。

リールは、ギア比、1対1の太鼓型リール。
スプールフリーで落とし込むことはまずないので、
ドラグ付がいいです。

ラインは、道糸3号、ハリス2号が基本になります。
ラインを出さずに強引に穴から黒鯛を引きずり出します。
つまり、ラインブレイクするようでしたら、どんどん号数を上げていきます。

濁りの入った、好条件時は、ハリスが太かろうが、
食ってきます。

餌は、カラス貝の一枚がけ、カラス貝の団子をメインに
蟹餌も使います。時期によっては、パイプや、
フジツボも効果的です。


釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!

黒鯛を狙ったテトラの穴打ち釣りの釣り方を
落し込み釣りの観点からまとめてみます。

一般的な落し込み釣りは、垂直ケーソン、
オーバーハング、パイルで行われます。
テトラの穴打ち釣り
図のように、カラス貝の層を面と見立てて、面(壁)際を
キープしながら落し込みます。

一方、テトラの穴打ちは
テトラの穴打ち釣り

テトラの穴を縦穴と見立てて、落とし込んでいきます。
つまり、面ではなく、筒の中、円柱の中を通すイメージです。

テトラの穴打ち釣り

また、テトラの穴は、図のように途中で狭くなったり、曲がったり、
複雑な構造をしており落とし込むのが困難場合も多々あります。

また、垂直ケーソンと比べて、365度壁に囲まれて
いることも穴釣りの特徴です。

以上のように、一般的な落し込み釣りと
似ているようで、似ていない。
竿下よりも手前の、テトラ際を狙う。

前打ちと落し込みの中間のような釣法とも言えます。

テトラの穴釣りの一般的な落し込み方は、
糸を張り気味にして、若干餌と錘の重さを
感じながら落し込みます。

ラインに軽いテンションを掛けているため、
竿先での微妙な操作が可能となり、
複雑な穴の奥まで落とせるのです。

言葉で書くと簡単そうに感じますが、
実際のフィールドでは、潮流があり、
水中のテトラは基本見えません。

めちゃめちゃ難しく、自分が一体何を
しているのか、どこに落とし込んでいるのか分からなくなります。

経験から成せる感覚とテトラ穴のイメージで
落し込むと言えます。

壁が360度、複雑な穴、全く持って
奥が深い釣りですね。


釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!




テトラの穴打ちという黒鯛の釣法は
ご存知でしょうか。

テトラの穴打ちと一般的なテトラの前打ち釣りの
違いは、

竿下から前のテトラを探るか、足元の極近い部分の
テトラを探るかです。

そして、一般的な前打ち釣りは、テトラの穴も攻めますが
テトラ周りを漂わせる、フカセるイメージです。


一方、テトラの穴打ちは読んで字のごとく、
穴をダイレクトに攻めます。
ポイントは、テトラの側面に着いたカラス貝、蟹と
同調させること。

餌がはがれる落ちる様子を演出する、
落し込み釣りと同じ要素が非常に強いのです。

前打ち釣りは、縦よりも横の釣りとして
起源を持つと認識していますが、
穴打ちは、明らかに縦の釣りと言えます。

ここに、私を含め多くの人が
テトラの穴打ち=前打ちとすることに
違和感を感じるのでしょうか。

前打ち釣りも時を日々を重ねて、
多くのエキスパートの方々によって発展してきました。

その結果生まれたのが、テトラの穴打ちであり、
新しいジャンルの黒鯛釣法と定義されても
いいのではないかと感じずにはいられません。



釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!

黒鯛の前打ち釣りは、名古屋釣法とも
呼ばれる通り、発祥の地はずばり愛知県。

前打ち釣りが、行われる前から、関東ではヘチ釣り、
中部、関西ではすでに目印付きの落としこみ釣りは
行われていました。

一説には、目印付きの落とし込み釣りの発祥も
愛知県だとか。


愛知県は、伊勢湾の名古屋港、衣浦湾の半田港、武豊港といった
大規模な港湾が立地し、格好の黒鯛釣り場が点在しています。

広大な名古屋港の玄関口にあたる部分には、
伊勢湾台風後、三本の高潮防波堤が築かれ、
伊勢湾奥を、仕切っています。

この3本の防波堤のうちの一本。
名古屋市南部の知多市から、西へ1.2kmも延びる
通称 『知多堤』 が黒鯛前打ち釣りの発祥の地とされています。

それでは、なぜこの知多堤で前打ち釣りが生まれたのでしょうか???


知多堤は、外側が高く、内側が低い構造で、内外の水深は、満潮時で3.5?6m程。
内外とも若干浅めだが非常に、落とし込み釣りに適しています。

しかし、先端部だけ特殊な構造をしています。
先端周りだけ、捨石が豊富に投入されており、
満潮時でも4m以下でかなりの流れの速さで、激流になっています。
しかも、竿一本分先がかけあがりという構造です。

潮通しが良く、豊富な捨石とかけ上がりがあることから、
堤防の際よりも、捨石や、かけ上がりに黒鯛が着きやすいのです。

大潮の日は、激流となりますので、落とし込むのも
容易ではありません。

このような、条件の知多堤先端の黒鯛を釣るために
生まれたのが前打ち釣りと言われています。
竿下、竿一本分前を流れに乗せながら、底を這わせ、
流れに合わせて釣り歩くスタイルが、前打ちの原点と言えましょうか。

そこから、様々なフィールドに合わせて前打ちが
進化していったのでしょうか。

現在では、この知多堤は、公園として整備され、
名古屋港海釣り公園となっています。



釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!


 | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 |  Next




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。