2015釣行記

ここでは、2015釣行記 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午前中から大掃除に精を出し、昼過ぎにあらかた完了。

夕方時間ができたので、竿を納めるべく、短時間釣行を決行。

とにかく、ボーズだけは避けたいので、ロックフィッシュを選択。
場所は、近場の中から新舞子マリンパークを選択。
釣り公園になってから行くのは初めてです。

到着すると、風はまあまあ吹いてますが、何とかなる感じ。
堤防に辿り着くと、懐かしの名古屋港海写り公園を思わせる
立派な柵が設けられています。

とりあえず、先端に向かって歩いていきますが、
困ったことに、

堤防際から2m離れたあたりから沖に7m位までビッシリと藻が張ってます。
それも、ずっと堤防に平行して生え続けています。

沖のかけ上がりを狙えないこともないが、海藻が邪魔で
やりにくい。際を狙うしかないかと思うが、

干潮時なので際の水深は2m有る無し位。

とりあえず、際から2mまでを探っていくと

14515626580.png

チビソイゲット。


その後、ぽつぽつと当たる中、

14515626450.png

チビカサゴゲット。

チビカサゴ、チビソイを数匹釣った後。

もぞもぞ当たりから

重量感ある引き

14515626700.png

20㎝オーバーのカサゴゲット。

何とか、竿納めのカッコがつきました(笑)

その後、もポツポツチビを追加していると

14515626840.png

チビメバルゲット。

小さくてもメバルはちょっと嬉しい。

その後、チビメバル、カサゴを追加して納竿としました。

新舞子マリンパーク、海藻が邪魔ですが、根魚の魚影は
そこそこあるようでした。





スポンサーサイト
夕方、ちょいと時間があったので、
半田港にまぐれでいいから、シーバス釣れないかと釣行。

北西風がやや強いが、半田港の南側一帯はそんなに気にならない感じ。

ポイントがよくわからんので、適当に攻めていきます。

そんな、簡単に上手くいくわけもなく。

完全ボーズ。

竿を納めることができず。


どうしましょうか、、、、



大阪近辺の落し込み好調情報にたまらず
尼崎フェニックスへ遠征です。

一番船に乗るために、睡眠時間2時間弱。

気合とテンションで乗り切ります。

事前の情報、今までのすくない尼フェに経験より、
上げは川筋。下げは運河とプランを立てる。

スリットが一番手堅いが、スリットが下手な自分は、却下。


とにかく、ざっくり探って、良さげなポイントを探そうとすると

3投目で。

0621-01.jpg

引きを楽しんで、30後半のキビレ。

今日は、まさかのキビレ祭りか!!!

続きは、更新中です。


6月名港界隈好調と聞くが、釣行回数が少ないのか、
腕がないのか、好調の恩恵を全く受けれていません(><)

やっと、時間ができたので、今シーズン初の四日市一文字へ!

情報によると、産後の荒食い走りが見られるようで
多少の期待を胸に乗船します。

しかし、ここ一文字は、曲者で、現地での実釣なし、もしくは、
詳しい同行者なしだと、けっこう難しい。

釣れるポイントがピンポイントだったり、釣れない場所は
全く釣れないなど、けっこう気難しいフィールドです。

とういことで、定番の新堤と常連の動きを
頼りに、探っていきます。

広い四日市一文字ですが、大半の落し込み師は、
特定の場所に集中。
一文字名物新堤渋滞です。

本日の満潮は、5時と3時くらいまでは、厳しい時間が続くと予想していると
予想通り、ノー当たが3時過ぎまで続きます。

高速上潮に苦戦するも、潮が緩んで深棚まで
きっちり落せるようになると、待望の止まり!
ヒット

けっこう楽しませてくれました。


0614.jpg

30ちょい。

その後、微妙な当たりが散発的にあるが、
掛けれず。

上層ツン当たりでは、巨大グーフー君。

その後、満潮前後で、ぱったり当たりがなくなり終了。

全体的に厳しかったようで、釣る人は釣る、ボーズもたくさんといった感じでした。





今シーズン2戦目は、霞一文字!

貴重な平日休みが大潮と重なり期待満々で、
午後からの上げ狙いプランです。

コーシン丸の12:00便で渡堤するも
相変わらず、荒い運転(笑)

沖に出ると、天気予報通り、爆風、、、、

内は、落しやすいが、気配なし。

外は、白波、潮被るくらいの荒れ模様。

久しぶりの高場、爆風に、なす総べなく、、
心が折れそうになる。

開始3時間以上ノー当が続き、上げ6分位で、
やっと、素針。
付近を集中して落すと、

走り⇒素針

止まり、素針  

ここで、当たりが止まったので、
タックルの微調整と、カラスのサイズを変更

数時間爆風にさらされたおかげで、何となく落し方の
コツがつかめてきた頃。

帰船まで、後45分。

止まり、聞く、乗った♪

0601 (2)

思ったより、よく引いた35㎝位。

ここから、

爆風、バシャバシャで、当たりが捉えられず、
素針を繰り返し、


止まり、聞く、乗った♪

0601 (1)

あっさり上がった、30㎝有る無しサイズ。

ここで、潮止まりのせいか、当たりが遠のき、
タイムアップ。

小型2枚。

この時期に、自分の腕で2枚は妥当な釣果かな。

高場・爆風を攻略できる上手い人なら、
4、5枚は釣ってるだろうなって感じでした。

釣りブログランキングに参加しています。
↓読んだ印に、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓

にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!




 | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 |  Next




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。