2017年06月

ここでは、2017年06月 に関する情報を紹介しています。

本日は、激渋&激混 の霞一文字に落し込みです。

いつも利用しているコーシン丸に乗り込みますが、

さすがに、激渋ということで人は少なめ。

渡堤すると、トミス組で賑わっていました。



06241



状況は、ちょい透け。

例年の6月なら、ふつうに釣れそうですが、さてさて、どうなることやら。


とりあえず、真ん中から東に向かって、内側を4mまで探っていますが、

当然ノー当た。

周りの竿も全く曲がりません。

外も内も全くダメ。



1時間位経過して、近くの落し込み師が1枚揚げるのを確認。

すかさず、その近辺に狙いを絞り、集中力を上げる↑↑↑

すると

しばらくして

2mラインで、ツン当たり!!!

体が即座に反応して

08ハリス。久しぶりの霞というこうとで


かなり慎重に糸を出し入れしながらやりとりして

06242


37cm位の中型。

この状況での1枚は、非常に嬉しい!!


この後は、もちろんノー当た。

1時間後、ギブアップして、タコに転戦する。


これも、1時間やってノー当た。

帰船時間まで、昼寝して。


納竿としました。


ぱっと見でカラス着いてないし、深棚に付いてるの?

今年の四日市の落し込みは、厳しくなりそうです。


東海釣行記

ランキングに参加しています。読んだ印に、クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ




6月に入ってもサッパリな四日市一文字&霞一文字。

半日落し込んで、いい人で2枚、大半がボーズという状況に嫌気がさして、

今回は、マゴチ狙いで四日市一文字を攻めてみました。

とにかく釣果優先、お気楽にということでハゼを用意しました。




最初は、ルアーでもいけるでしょうとたかをくくって

投げるも、全く反応なし。

1時間で飽きてルアーマン終了。



餌釣りに変更し、タックルもノーブランドの激安万能竿3.6mをチョイス。

さらに、あろうことか、ガイドを一つ通し忘れるという始末で、

面倒なのでそのままスタート♪



とりあえず、好ポイントそうな場所を陣取りスタートするもノー当た。

近くのマゴチ玄人っぽい人は、ポツポツ揚げている。


しばらくして、自分にもやっと当たりが出て小型1本。

ハゼの飲ませ釣りは、しっかり待って食い込ませるのが

ポイントだが、これがなかなか難しい。


しばらくして、少し沖目を探っていると、気持ちのいい当たり!!

マゴチとは違い、なんだかやたら重いなと思ったらヒラメでした。

35cm位の小型でしたが、嬉しい初ヒラメ!!!


0617

マゴチ玄人は、マゴチ専用前打ちタックルを使って、バンバン釣っていました。

この玄人のタックル、釣り方、釣れるポイントを参考に

もう一回マゴチやってみたいと思います。


東海釣行記

ランキングに参加しています。読んだ印に、クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ




武庫川一文字で、ブリフィーバーが起こり、

連日のように、ブリ釣果の情報を耳にして、

いても立ってもいられなくなって、武庫川一文字遠征となりました。

当日は、久保渡船に乗り込み、武庫川一文字の1番?

東の先端付近に渡堤しました。

はやる気持ちを抑え、

今シーズンのために新調したライトショアジギングタックルを

速攻で用意し、戦闘開始!!!

まずは、ビッグバッカーを投げまくります。

すると、5分位して、ゴゴッゴって感じで、バイトがあり

重みを感じますが、すぐにバレました。

手応えからし、ブリではありません。

その後、ひたるすら、ビッグバッカー、メタルジグ、鉄板など

投げまくりますが、ウンともスンともいいません。

回りも釣れてない様子です。

ちなみに、ここ武庫川一文字は、全長4km以上ある長~い堤防ですが。

10m程の間隔でズラリと釣り人が並び、皆一心不乱にルアーをブン投げてます。

ということは、1日に4~5本上がるブリを求めて、

少なくとも200人以上のアングラーがブリを狙っているのではないでしょうか。

ざっくり確立を計算すると、約2%( ノД`)

正に宝くじを追い求めるような釣りと言っていいでしょう。

そんなこんなで、ルアーには何の反応もなく。





落し込みに転戦します。


若干透け気味で、嫌な感じですが、

何とかなるでしょと、軽い気持ちでスタートします。

2ヒロまでをテンポよく探っていくと、、、


1.5ヒロ程度で、目印が勢いよく走りました。

難なくゲットしたのは、


0610

35cm程の小型ですが、武庫一初チヌということで

ちょっと嬉しい一枚!!!!


その後、全く当たりなく終了!


ブリ&青物不発。

落し込みもボーズ逃れの一枚のみ。

厳しい遠征となりましたとさ。



 | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 |