前打ち釣りのポイント@テトラ2

ここでは、前打ち釣りのポイント@テトラ2 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖目の沈みテトラ

沖目の沈みテトラは、普段は水没して見えませんが、
干潮時には露出もしくは、しないものもあります。
だいたい、かけ上がり上に置かれた場合が多く、
黒鯛の好ポイントになります。

釣り方は、餌をテトラ周りに這わせることです。
餌を沖目の沈みテトラ周りに投入して、
潮流に乗せて自然に流してやります。

テトラは、立体的な障害物であり、テトラの下、
横、上、などの面にも黒鯛が着きます。
底に拘らず、横を意識する場合は、中層を
漂わすことも有効になります。


テトラの穴
テトラの穴をダイレクトに狙う釣りです。
穴釣りは、竿下(直下)のテトラの穴を
ダイレクトに狙います。
仕掛けを張らず緩めずの状態で、
ゆっくり落としていきます。

当たりは、落としている最中、着底の瞬間に
出ることが多いです。
着底後、しばらく待って、軽く仕掛けを持ち上げ、落します。
さらに穴があれば、仕掛けは落ちていきます。

餌を障害物周りに這わすというよりも、落とし込む釣りです。
釣果を伸ばすこつは、一つの穴に拘らず、数探ることです。
黒鯛が穴に居れば、高確率で餌に食いつきます。

濁りがあれば、1メートル程の深さでも喰ってきます。
また、あまりに深い穴は、黒鯛を掛けても
ラインブレイクの恐れが高く、釣り上げるのが難しいです。

前打ち
↑テトラ穴のイメージです。
水中のこのような穴をイメージして落としていきます。

前打ち
テトラの側面には、カラス貝やフジツボが付着し
餌の層ができます。
このようなテトラの場合は、着底前の中層で
当たりが頻発しますので、スローに落とし込むこと、
張らず緩めずで落とし込むことが必要になります。
またラインの微妙な変化で当たりを感知します。

ラインが震える
ラインが走る
糸ふけが急にできた

↑黒鯛からの重要な信号です。

取り込みは、掛けたら一気に巻き上げます。
左右に振られたり、底に突っ込まれたら、
ラインがテトラに触れて一瞬で切れてしまいます。

胴の硬い竿で、主導権は常にこちら側がもつことが
必要です。強引なやりとりになるので、腕力に自信の
ない方は筋トレ必須ですかな。私を含めて………^^;



釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akaoni723.blog8.fc2.com/tb.php/100-ad4c3898
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。