ハリオモリ@前打ち

ここでは、ハリオモリ@前打ち に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒鯛前打ち釣りは、いったてシンプルな仕掛けなため、
針、錘にとことんこだわる釣り師が多いと思います。

黒鯛釣りに使われる、針は、チヌ針、伊勢尼針が
人気があり、主流と言えます。

どちらも軸がしっかりしていて黒鯛の強烈な
突っ込みで針が曲がったりはしません。

それでは黒鯛前打ち釣りで良く使われる
針と錘のセット方法についてまとめてみます。

黒鯛釣り

これは、前打ちでは良く知られたハリオモリです。
針の軸の部分にがん玉をかませます。
ペンチでしっかり潰して固定させます。
少量、瞬間接着剤をつけるとがっちり固定できます。

ハリオモリは錘が針と一体化し、餌の操作性が
抜群に良くなります。
また、感度も良いので、当たりを瞬時に感知することも
可能です。

特に蟹餌では、必ずハリオモリです。
他にはカラス貝も有効です。

ハリオモリは感度が良いので、黒鯛の当たりだけでなく、
慣れてくれば底の形状も手に取るように感じることができます。
根がかりもすぐに分かるため、ピット竿をあおってはずすことも
できるので、テトラ帯、石積み帯で最も威力を発揮します。

ただし、ハリオモリにも欠点があります。
軸にがん玉が挟んであるために、掛かりが
浅くなってしまうのです。
掛けた後、ばれやすいということです。


釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akaoni723.blog8.fc2.com/tb.php/110-fbbbb6ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。