前打ち釣りの発祥の地

ここでは、前打ち釣りの発祥の地 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒鯛の前打ち釣りは、名古屋釣法とも
呼ばれる通り、発祥の地はずばり愛知県。

前打ち釣りが、行われる前から、関東ではヘチ釣り、
中部、関西ではすでに目印付きの落としこみ釣りは
行われていました。

一説には、目印付きの落とし込み釣りの発祥も
愛知県だとか。


愛知県は、伊勢湾の名古屋港、衣浦湾の半田港、武豊港といった
大規模な港湾が立地し、格好の黒鯛釣り場が点在しています。

広大な名古屋港の玄関口にあたる部分には、
伊勢湾台風後、三本の高潮防波堤が築かれ、
伊勢湾奥を、仕切っています。

この3本の防波堤のうちの一本。
名古屋市南部の知多市から、西へ1.2kmも延びる
通称 『知多堤』 が黒鯛前打ち釣りの発祥の地とされています。

それでは、なぜこの知多堤で前打ち釣りが生まれたのでしょうか???


知多堤は、外側が高く、内側が低い構造で、内外の水深は、満潮時で3.5?6m程。
内外とも若干浅めだが非常に、落とし込み釣りに適しています。

しかし、先端部だけ特殊な構造をしています。
先端周りだけ、捨石が豊富に投入されており、
満潮時でも4m以下でかなりの流れの速さで、激流になっています。
しかも、竿一本分先がかけあがりという構造です。

潮通しが良く、豊富な捨石とかけ上がりがあることから、
堤防の際よりも、捨石や、かけ上がりに黒鯛が着きやすいのです。

大潮の日は、激流となりますので、落とし込むのも
容易ではありません。

このような、条件の知多堤先端の黒鯛を釣るために
生まれたのが前打ち釣りと言われています。
竿下、竿一本分前を流れに乗せながら、底を這わせ、
流れに合わせて釣り歩くスタイルが、前打ちの原点と言えましょうか。

そこから、様々なフィールドに合わせて前打ちが
進化していったのでしょうか。

現在では、この知多堤は、公園として整備され、
名古屋港海釣り公園となっています。



釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akaoni723.blog8.fc2.com/tb.php/121-da2f1fee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。