テトラの穴打ちは前打ちか?

ここでは、テトラの穴打ちは前打ちか? に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テトラの穴打ちという黒鯛の釣法は
ご存知でしょうか。

テトラの穴打ちと一般的なテトラの前打ち釣りの
違いは、

竿下から前のテトラを探るか、足元の極近い部分の
テトラを探るかです。

そして、一般的な前打ち釣りは、テトラの穴も攻めますが
テトラ周りを漂わせる、フカセるイメージです。


一方、テトラの穴打ちは読んで字のごとく、
穴をダイレクトに攻めます。
ポイントは、テトラの側面に着いたカラス貝、蟹と
同調させること。

餌がはがれる落ちる様子を演出する、
落し込み釣りと同じ要素が非常に強いのです。

前打ち釣りは、縦よりも横の釣りとして
起源を持つと認識していますが、
穴打ちは、明らかに縦の釣りと言えます。

ここに、私を含め多くの人が
テトラの穴打ち=前打ちとすることに
違和感を感じるのでしょうか。

前打ち釣りも時を日々を重ねて、
多くのエキスパートの方々によって発展してきました。

その結果生まれたのが、テトラの穴打ちであり、
新しいジャンルの黒鯛釣法と定義されても
いいのではないかと感じずにはいられません。



釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akaoni723.blog8.fc2.com/tb.php/122-d26d5c90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。