黒鯛落し込み釣りの道糸について

ここでは、黒鯛落し込み釣りの道糸について に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道糸についてまとめてみます。

正直にいいますと、目印付きの落しこみ釣りに関しては
道糸はそれ程重要ではありません。

特に、目印までしか探らない場合は尚更です。
つまり切れ無ければいい程度です。

ただし、目印より深い棚まで落す場合、
目印を外して道糸で当たりを見極める場合は、
道糸の選択が重要になってきます。

私の基準ですが、道糸はハリス+1号、
目印糸+0.5号になるようにしています。

ハリスと道糸・目印糸の号数の大きさが大きすぎるとバランスが
悪くなり、捌きにくくなりす。
差が小さすぎると目印や道糸から切れる、高切れを起こして
しまうので、上述のようにセッティングしています。


見える!攻めの朱マーキング(最先端の高性能マーキングライン)<ヘチ・ライン>【サンライン...

↑このラインは、赤でマーキングされているので、
ラインの変化が見極めやすいです。
道糸で当たりをとる状況になった時に役に立ちます。
マーキングの数を数えながら落せば、正確な棚も測れますよ!!

釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akaoni723.blog8.fc2.com/tb.php/135-35ffbb46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。