流れの強い・速い場所での落し込み方

ここでは、流れの強い・速い場所での落し込み方 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潮通しの良いポイントは、黒鯛落し込みでも
狙い目です。が、流れが速く上手い具合に
落すのが難しくもあります。

流れの強い・速い場所での対処方は、

1.オモリを重くする。
2.仕掛けを細くする。



オモリを重くすれば、単純に流れに逆らって
垂直に落ちます。
ただし、落下スピードが速すぎたりと、
黒鯛にとって不自然な落下になってしまいます。
竿先の操作で微妙なブレーキをかける必要がでてくるのです。

仕掛けを細くすると、潮流を受ける面積が減って
流れの影響を軽減できます。
例えば、2号 ⇒ 1.5号 にするとけっこう変わってきますよ。

また、流れに合わせて落し込む最中に
移動するのも手です。
黒鯛落し込み
 
↑このような感じで流れながら落ちていくので、
出来る限り、ラインが直線、弛み過ぎないように
移動します。

ラインが弛みすぎたり、角度が付き過ぎると
当たりが目印に出にくくなります。

適度な糸ふけ(張らず緩めず)と角度を付けすぎない直線的な
落し込みが大切ですね。


釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akaoni723.blog8.fc2.com/tb.php/141-709bdeb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。