スライダー釣法で流れを攻略!

ここでは、スライダー釣法で流れを攻略! に関する情報を紹介しています。

落し込み釣師の多くを悩ませるのが潮流です。
潮通しの良い堤防の先端部等は黒鯛の一級ポイントで
ある場合が多いのですが。

流れのあるポイントでの落し込み方を
スライダー釣法の場合でまとめてみます。


潮が右から左に流れている場合です。
左図が真上から 右図が立体的なイメージです

黒鯛
?狙いたいポイントから少し離れた(右側)に落し込みます。
その時、図のように角度をつけて落します。

スライダー
?潮に流されながら落ちいていくので、角度がだんだん90度に
近づいていきます。
イメージとして45度位の角度から狙いのポイントに
餌が流れ付くような感じです。

黒鯛
?際と仕掛けが90度になった場合です。
だいたい、45度?90度で狙うポイントに到達して
当たりが出るという狙いです。

メバリング
?90度よりさらに角度がきつくなると、
目印仕掛けと水中部分との角度がきつくなり過ぎて
当たりが取れない、際をキープできなくなっていきます。

このような流れの場合、餌のカラス貝はどんどん右に流れ、
水面の目印の角度もどんどんきつくなります。

針から目印まで一直線を保つのが難しく、目印に当たりが
でにくくなってしまいます。

よって、?の状態でベストなポイントに到達するようにし
当たりを見極めるのが重要かと思います。

もちろん、仕掛けを細くする、浮かべる目印の数を減らす、
オモリを重くし流れの影響を受けにくくするのも有効です。


釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akaoni723.blog8.fc2.com/tb.php/149-5e2657c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 |