四日市一文字堤 黒鯛落し込み 6月6日

ここでは、四日市一文字堤 黒鯛落し込み 6月6日 に関する情報を紹介しています。

中央堤の激混みと渡船待ちを予想し、
好釣果の出たとの情報をキャッチした四日市一文字堤へ。

渡船場までは一時間弱。
二番線の乗客は10人くらいで、餌も予め用意しておいたので、
ゆったりと渡船に乗り込む。

ちょうど下げっきた感じの状況で、当たりの無さそうな
気だるい雰囲気が堤防全体を覆っていた………

そこで、底付近まで探るべく、3m目印+1.5mハリスでスタート。
強風と久しぶりの高さのある堤防での落とし込みに苦戦。

さらに極小カラスを使用すると、見にくい、5?目印も見にくい……

そんなこんなで当たりを出せず、仕掛けをチェンジ。

7?目印へ。 だいぶ見やすいけど、まだ見にくいか……


潮が上がってきて、バシャバシャが始まり雰囲気が高まって
来たところで、目印が一気に引き込まれる当たり。

即合わせを入れると、ゴンゴンと強い突っ込みが入るが・・・プッツン・・・

ハリス切れです。

チモトのちょい上が切れていたので、呑まれて歯で切られたか、
傷が入っていたのか。

ハリスを変えて再度、当たりをだすべく集中して落とし込む。

すると、隣の人にヒット!

地合いかな?!

すぐにまた、目印引き込み当たりに即合わせ!!
今度は、ガッチリフッキング!!

けっこういい突っ込みを見せ、0.8ハリスで慎重に
やり取りしてさあタモ入れというところで。

タモが届かん!!

玉の柄5mでは短すぎて、腕を目いっぱい伸ばして
ギリ水面ってとこです。

モタモタしてるのを見かねたルアーマンの方が、
タモ入れを助けて下さいました。
おかげで貴重な一枚が取れました!ありがとうございます。

黒鯛釣り

36cmでした。

その後、後が続かず。

12時ごろに、ポツポツ上がるも追加できず。

13時の船で納竿とした。


四日市一文字堤の高さ、二枚潮、強風この三つにほんとに
悩まされた釣行だった。
この条件の中で、極小カラスを落とし込むためには、
仕掛けの工夫と技術の向上が不可欠か。

条件が厳しいと、まだまだ満足に落とし込めない実力不足を
痛感したな。


【釣行データ】
日時:2010年6月6日 6:20?12:30
場所:四日市一文字堤
潮位:【小潮】満潮 12:41(171cm)
釣法:落し込み
タックル:アスリートスライダー落とし込み35_40(黒鯛工房)、倍速(リョウビ)
道糸2号、ハリス0.8号(1ヒロ)
目印 7?×25×10(2.5m)
餌:カラス貝
釣果:黒鯛36cm

釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akaoni723.blog8.fc2.com/tb.php/172-66de518c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 |