取り込み時間を短縮して効率アップ作戦!

ここでは、取り込み時間を短縮して効率アップ作戦! に関する情報を紹介しています。

黒鯛釣り、特に落し込み、ヘチ、前打ちでは、
地合いをいかに効率良く
生かすかが釣果の分かれ目になると思います。

地合いが始まると、派手な当たりが連発し、
至る所で竿が曲がります。

しかし、問題は地合いは意外と短時間であること。


上級者はこの短時間で、ポンポンと数を伸ばし、

方や、私のような初級者は、
空ぶり、バラシ、モタモタした取り込みで一枚釣るのがやっと。


こんな感じで、けっこう悔しい思いをしてきました。


そこで、地合いを制するために
効率の良い取り込みについて考えてみました。

当たりを出し、掛けることができることが前提になりますが、、、^^;


1.必要以上に細いラインを使わない。

やり取りに時間がかかり、ラインブレイクの可能性が高まります。
地合いの時のラインブレイクは、時間ロス大!御法度です。

かといって、ヘビーなタックルではやり取りが楽しめません。
そこで、私は、ハリスは基本1号以上。08まで。



2.ストリンガーにつながない。

去年からやってる即リリーススタイルです。
これは、かなり時間の短縮になりますよ。



ここで、実際の取り込みの流れを書いてみます。



1.やりとり開始。

2.タモ入れ完了

3.サイズ計測

タモの柄にスケールシール貼りました!
50cm有る無し以外は、タモの柄スケールでサクッと計測♪


4.写真撮影

フィッシンググリップを使って、効率良く黒鯛をキャッチ&移動。


5.リリース

ここでもフィッシンググリップで、手早く黒鯛を開放して


6.針とハリスの確認。

針先の尖り具合とハリスの傷をチェックします。
バラシとラインブレイクは、御法度ですから。


地合いを攻略して、一日20枚以上を達成したいです☆




釣りブログランキングに参加しています。
↓読んだ印に、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓

にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akaoni723.blog8.fc2.com/tb.php/238-96fac3e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 |