根魚(ロックフィッシュ)の釣り方☆脈釣り

ここでは、根魚(ロックフィッシュ)の釣り方☆脈釣り に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.脈釣り

最初に根魚の脈釣りについでです。

基本竿を手に持ち、魚からの魚信(当たり)を
ダイレクトに捉え、釣り上げます。

探る範囲は、足元から竿下まで。
根魚のいそうな障害物周りを探ります。
広範囲を足で稼いで、ポイントを見つけるのが肝です。


※ここで一つ。ここで書き記す釣法は、根魚全般を狙うことができます。
 ただし、メバルは対象外とします。他の根魚とメバルは、かなり生態、
 釣り方も異なるので、後日分けて説明します。


最初に、根魚の脈釣りをさらに細かく分けます。

1.胴付き仕掛け
2.ブラクリ
3.脈釣りフカセ


大きく分けてこの、三つのタイプです。


1.胴付き仕掛け

胴付き仕掛け

底に、なす型錘、三?五の他点針仕掛け。

水深のある堤防で際を狙う場合には、
柔らかめのルアーロッドとスピニングリールの組み合わせ。

沖の駆け上がりを狙う場合は、長竿(のべ竿:6m以上)にセットする。

根魚は、基本底の障害物周りに付いているので、錘が底を
キープするようにする。
時折、軽くしゃくって誘いをかけると良い。



2.ブラクリ

ブラクリ

錘と針が一体になった仕掛けを道糸に直結する。

錘と針が一体になっているため、当たりがダイレクトに伝わり、
微妙な当たりが捉えやすい。

また、根がかり回避能力が非常に高く、テトラや捨石の
奥の奥まで探ることが可能。

タックルは、二パターン。

足元のテトラ、石積みの隙間を狙う場合。
1.8m以下の竿にスピニングリールまたは、両軸リール。
竿は、先調子で胴は硬いものがいい。
つまり、感度が良くて、硬めパワーがある竿。

なぜなら、根魚は掛けた瞬間、穴の奥に逃げようとします。
当たりを感じた瞬間に、穴から引き離す必要があるのです。
そのためには、好感度&パワーなんです。

このような竿は、何と言っても穴釣り専用の竿です。
やはり、ルアーロッドなんかでも代用はできますが、
是非、穴釣り専用ロッドをお薦めします。
値段もそれほど高くないので。


沖目のテトラの穴、竿下の捨石の隙間を狙う場合。
磯竿の1.5号以下、もしくは黒鯛の前打ち竿を使います。
リールも磯竿ならスピニング、前打ち竿なら太鼓リールです。

穴釣り同様、竿には高感度&パワーが要求されます。
私の経験上、黒鯛前打ち竿が圧倒的に有利だと思います。
脈釣り専用の前打ち竿の基本は、先調子です。
さらに、黒鯛に対抗するためのパワーもありますし。


3.脈釣りフカセ

脈釣りフカセ

黒鯛の前打ち釣りや、ヘチ釣りとほぼ同じスタイルです。
道糸とハリスの連結は、極小のサルカン、チチワで接続します。

錘は、軽めのガン玉(5B?B)を針に直接打つ(針錘)か、
ハリスに打ちます。
エビの場合は、ハリスの結び目の余り糸に結ぶ場合もあります。

テトラや、捨石の穴の奥を狙うというよりも、
底付近に餌を自然に漂わせて釣ります。

出来る限り軽い錘を使ったほうが、餌を自然な状態で
キープできますが、その分難しくなります。

この釣りは、はっきり言って難しい釣り方ですが、
一番、爆発的な釣果があがる釣りでもあります。
餌が自然な状態で底を保てれば、当たりは頻発します。
特に、喰い渋るような条件でも威力を発揮します。

黒鯛の前打ち釣師、ヘチ釣師が
冬場の練習に根魚相手に腕を磨くために、
フカセ脈つりを行う場合が多いです。



↓ランキングに参加しています。☆
足跡変わりに、ぽちっと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akaoni723.blog8.fc2.com/tb.php/29-58da778f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。