根魚(ロックフィッシュ)の釣り方☆浮き釣り2

ここでは、根魚(ロックフィッシュ)の釣り方☆浮き釣り2 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年もサクサク進んでますね。
みなさん、初釣りはもう済まされました???

それでは、早速本題に入ります。

2.遊動浮き仕掛け

電気浮き釣り2



固定し掛けのとの違いから、説明します。
固定し掛けの場合、竿の長さ分の浮き下しかとれません。
竿の長さが4メートルなら、浮き下の長さも4メートルといった具合に。

遊動浮き仕掛けは、大げさに言うと浮き下は、何メートルでも設定できます。
つまり、ちょっと深めの駆け上がりを狙うことが出来るのです。

タックルについて。

竿は、磯竿1、2号クラス。
リールは、スピニングリース2000番台。
道糸は、ナイロン3号。
ハリスは、1.5号?2号。
ハリは、チンタメバル、チヌ針(3号以上)、伊勢尼(7号以上)。

1.浮き止めを道糸に付けます。
※浮き止めは極小のため、ガイドを通ります。
2.浮き止めの下にシモリ玉を二つほど通します。
※浮き止めと浮きのクッションになります。

3.スペイルを通して誘導浮きを取り付けます。
※ここで使う浮きは、好感度の棒浮きが最適です。
大きさは、20cm程と長いが、感度が良く釣果に大きく影響します。
4.スベイルの下に、からまん棒を付けます。
※遊動浮き仕掛けは、ライントラブルが多いので、
回避に非常に役に立ちます。

5.からまん棒の下に、浮きの浮力調整用の錘を付けます。
6.極小のサルカンでハリスをつなげ、極小のがん玉を打ちます。


狙う場所は、上述しましたが沖目の駆け上がりです。
夜釣りでは、最高のポイントといって過言ではありません。
特に大型の期待大です。

肝は、底をキープすることです。

当たりは出ないが、餌が取られるだけという時は、
浮きに当たりを出すことが必要になります。

ハリスの錘の大きさ、個数を調整して、
仕掛けを一直線にすれば浮きに明確な当たりが出ます。


また、竿を煽ったり、流れがある場合は、
時々ストップをかけると誘いになり、当たりがでることがあります。


この仕掛けを使えば根魚だけでなく、
ハリと、ハリスを変えれば黒鯛を始め、
波止から釣れる全ての魚種が狙えます。



↓ランキングに参加しています。☆
足跡変わりに、ぽちっと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!


↑トップページに戻る↑

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akaoni723.blog8.fc2.com/tb.php/31-cd49043f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。