メバリング&メバル釣り@ポイントについて

ここでは、メバリング&メバル釣り@ポイントについて に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒さのピークは、あとどれくらい続くのでしょうか……

メバルのポイントについて話を進めいていきます。

メバルは、岩礁帯に生息する魚です。

特に岸からの釣りでは、以下の6つがポイントと
なると考えられます。

・防波堤
・テトラ帯
・石積み
・パイル等の障害物
・ゴロタ浜
・磯

そして、全てのポイントに共通することが、
潮通しの良さです。

また、常夜灯まわりなど明かりがあることも重要です。
明かりの周りには、小魚が寄ってきます。
それを狙ってメバルが追ってきます。
小魚を狙うメバルは、高活性の場合がほとんど、
上層で連続ヒットなんてことも狙えます。


それでは、細かいポイント別にまとめていきます。

防波堤
特に先端周りが好ポイントになることが多いです。
ただし、メバルは回遊性の魚ので、潮通しの良い、
常夜灯あり、のポイントであれば、どこでもポイントになります。

メバルは、堤防から少し離れた駆け上がりの上に、
よく群れをなします。
ただし、時には堤防の際に群れをなすこともあり、
その日のヒットポイントをまずは見つけることが重要です。


テトラ帯・石積み帯
人工的に作られた岩礁帯などで、メバルの着きは
抜群にいいです。
テトラ帯も潮通しの良く、明かりがあればなおベスト。
テトラ穴ではなく、少し前を探るとよいです。

パイル等の障害物
港湾部の人工物は、格好のメバルの着きどころになります。
港湾部は、常夜灯も至るところにあるので、光と影の間を
狙って攻めるとよいです。

ゴロタ浜・磯
メバル本来の生息地です^^;
ある程度、際からすぐに深くなるような所がいいです。
また、こういったポイントは数よりも型狙いのポイントで
ある程度沖目がポイントになることが多いです。


最後に一つ。
『メバルは凪を釣れ』と呼ばれように、
静かな海がベストです。

さらに詳しく見たいかたは、こちらへ。


釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡変わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります☆

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akaoni723.blog8.fc2.com/tb.php/46-e800b179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。