メバリング&メバル釣りのシーズン

ここでは、メバリング&メバル釣りのシーズン に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メバリング&メバル釣り

シーズンについて

ベイト(餌)との関係と合わせながら話を進めていきます。


メバリング&メバル釣りの釣期は、
一般的に晩秋から春です。

メバルは基本、夏場は沖の岩礁帯に生息し、
冬の産卵に備え晩秋から初冬にかけて、
浅場に寄ってきます。

ちょうど紅葉のピークが過ぎ、寒さが増してきた頃に
シーズンインします。

夏でも釣れますが、個体数が少ないので
数釣り、爆釣となるのは難しいです。

晩秋?冬
メバルは時期によって食べる餌が異なっていることを
意識することは大変重要だと思います。
シーズン序盤のメバルは、主にゴカイ類、エビ類
捕食します。

特に、晩秋?初冬はゴカイ類が爆釣のポイントとなることも
多々あります。

この時期は、はっきり言って餌釣り有利の時期と言えます。
メバリングで使用する、ワームやルアーは明らかに
小魚を模しているので。


この時期は、が爆釣ポイントになることがあります。
メバリング&メバル釣りでは、駆け上がり、明暗の境目など、
少し沖目を狙うのが定石ですが、この時期は状況がちょっと異なります。


おそらく、餌となるゴカイやエビが堤防の際にたんまり付いてる
からなのではないでしょうか。

私も、11月に際狙いの脈釣りで石ゴカイを使って、
爆釣したことあります。
言うまでもなく、長竿師、浮師、メバリング師を圧倒しました。

しかし、状況は日々変化するので、常に際がいいとも
限らないので、臨機応変な対応が必要です。


冬?春
春が近づくにつれて、湾内や浅場に、コウナゴ(イカナゴ)などの
小魚の新しい群れが入ってくるようになります。
こうなれば、メバリングの最大の好期到来です。

メバルは、小魚に高い意識を持つようになり、
夜表層で、追っかけまわすようになります。

こうなると、ルアー、ワームへの反応が高く、
春は、メバリングの最大の好期になるわけです。

餌釣りでもこの頃は、長竿や浮き釣りで小魚を餌に釣ることが
多くなります。メダカ、コウナゴ(イカナゴ)、鰯、など
地方によって餌は様々です。


釣りブログランキングに参加しています。
↓楽しめましたら、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります☆

↑トップページに戻る↑



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akaoni723.blog8.fc2.com/tb.php/57-7541cfdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。