Mリグ釣法が釣れるわけ

ここでは、Mリグ釣法が釣れるわけ に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回説明したように、春は
Mリグの最大の好機です!!

キーポイントは、シャコ(カメジャコ)とシャローーフラットです。

まず、シャコをルアーで模すことが可能であることです。
それを可能にしたのが、数年前大ブレークした、
カウントダウンラパラのチューンナップです。

これは、従来の底を探ることが可能なルアーである、
クランク、シャッド、シンキングバイブとは一線を画し、
シャコをそのものを演出したと言えます。


次にシャローフラットの攻略です。
ルアー釣りになると、ついつい横文字が増えてしまいます^^;
遠浅の海岸、2・3メートルラインがずっと続くポイントです。

シャローフラットでは、黒鯛が潜む障害物が
あるわけでなく、全域がポイントになります。
とにかく広範囲を効率よく探ることが
釣果に結びつくのです。

そこで、またまたMリグの登場です。
遠投して、ひたすら底付近を巻きます。
ルアーは、投げて巻く釣りですので
必然と広範囲を探れるんですね。

ここがぶっこみ釣りを凌ぐ点だと
私は考えています。
ぶっこみ釣りは仕掛けを投入して、
当たりが来るのを待つ釣りです。
複数本竿を出しても、投げて巻いて、移動を繰り返す、
Mリグにはかないませんよね。

それに、いかに生き餌の方が反応が良かろうと、
黒鯛の近くに餌を持っていかねば何も始まりません。
広範囲を探れるMリグ釣法は、黒鯛との
遭遇する確立が非常に高い釣りなのです。


釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akaoni723.blog8.fc2.com/tb.php/72-bcbaeb9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。