チューブラとソリッドについて@メバリング

ここでは、チューブラとソリッドについて@メバリング に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メバリングのロッドのラインナップを見ると
必ずといっていいほど、
チューブラとソリッドタイプがありますよね。

これは、穂先(ティップ)の作りの違いで、
それぞれメバリングにおいて長所と短所を持っています。


1.チューブラタイプ

竿先の部分の素材が、中が空洞になっています。
竿先の部分が、筒状になっているのです。

筒状(チューブラ)の特徴は、竿先(ティップ)が太くなる、
硬くなる、感度が良くなる。
感度が良くなりますから、当たりを感じたら瞬時に合わせる
ことができます。
太く硬くなる分、魚に対して違和感を与えるので
食い込みは悪くなります。
また、硬く、丈夫なので強引なやり取りにも向きます。

よって、即合わせに適しているので、メバリングでは、
プラグを使う時、チューブラが最適となります。


2.ソリッドタイプ
竿先部分の素材が、中身が詰まっています。
特徴は、細く、柔らかいです。
つまり、食い込みが非常に良いのです。
メバリングでは、追い食いさせて、乗せる釣りになりますので、
柔らかいソリッドティップで、しっかり食い込ませることができます。

しかし、チューブラに比べて感度が劣る、
竿先が細く繊細なので、強引なやりとりに向かない短所があります。


プラグメイン、大物狙い、障害物周り狙い、の場合は
チューブラ。
ワーム主体、オープンエリアの場合は、
ソリッド。

私の使い分けですと、ということになりますか。


釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akaoni723.blog8.fc2.com/tb.php/81-85af6d22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。