メバリングのラインについて4

ここでは、メバリングのラインについて4 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラインの特徴について長々と書いてきましたので
ここでさらに簡潔にまとめます。


ナイロンライン
柔らかく伸びが良い。
飛距離が出て、食い込み良い。
表層を狙う、プラグの釣りに向いている。


フロロライン
硬く、根ズレ強度の強いらいん。
感度が良く、サスペンド、シンキングするので、
中底層の釣りに特に良い。
ジグヘッドのワーム釣りに向く。
糸が硬いため、糸癖が着き易いのが難点。
糸癖が着くと感度が落ち、ライントラブルの原因となる。
よって、頻繁な道糸の巻き替えが必要です。

PEライン
引っ張り強度が格段に強く、細いラインの使用が可能。
細いラインが使えるので、感度も良好。
根ズレに弱いので、ショックリーダーを結ぶ必要あり。
リーダーさえ結べば、どの釣りにも向くラインである。
まさにオールラウンドと言えますね。
ただし、夜間にリーダーを結ぶのは、ちょっと手間なので、
敬遠する釣師も多いです。
ラインがガイドに絡みやすい欠点があります。
よってPEライン専用のロッドが望ましいです。


ダイワ月下美人リーダー

リーダにはフロロ:1?1.5号が最適です。
メバル専用のリーダーも多数ありますが、
ハリス用のフロロラインでも十分いけます。


シーガーグランドマックス


サンラインスーパートルネード


↑この二つのラインは、黒鯛釣りでもお世話になっていて信頼度抜群です。
特に、シーガーグランドマックスの強度は高いですよ。
ハリス0.8号で40cmオーバーの黒鯛も難なくあげれます!!
特に、グランドマックスFXがいいです。
FXはしなやかさがあるので、癖がほんとにつきません。


どの糸が一番とは言えませんが、
初心者の方は、フロロ、ナイロンから始めるといいと思います。
慣れてきたら、PE&フロロリーダーがいいのではと
私は考えます。


メバリングのラインなら⇒ここです!




釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akaoni723.blog8.fc2.com/tb.php/89-c3e05ace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。