前打ちの対象魚

ここでは、前打ちの対象魚 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前打ちつりは、シンプルな仕掛け故に、
狙える魚種が多種多彩です。

黒鯛専用の釣りと思われている方も多いと思いますが、
根魚釣りにおいても利に適った釣り方です。

黒鯛の当たりが少ない、冬場に根魚相手に
前打ちの腕を磨く、黒鯛師も多いことだと思います。

落し込みと異なり、際から竿二・三本文くらい沖までが
ポイントになります。

メバルやスズキ(セイゴ)も餌を中層に
張らず緩めずの状態で漂わせれば
電気浮きつりに負けない釣果をだせます。

針を小さくすれば、ハゼだって釣れます。

最近ではタックルがヘビーになり、
前打ちで石鯛やカンダイを狙う釣人が
増えてきています。

剛健なロッド、ごっつい両軸リール、ワイヤーハリス
無しで、黒鯛の前打ち感覚で石鯛を狙えるのは
かなり魅力的です。(ハリス、道糸はそれなりに太くします)
60cm位までなら、前打ちロッドで何とか
釣り上げることは可能のようです。
それ相応の高い技量は必要ですが。

こうして、黒鯛以外にも色々な魅力的な
魚が狙えるというのも前打ちの魅力ですね。


釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akaoni723.blog8.fc2.com/tb.php/93-6990417d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 | 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。