黒鯛釣り

ここでは、黒鯛釣り に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉まん食べて幸せ気分の、黒キチです。

今度は、ピザまんがいいな。
アンマンは熱すぎるので、ちょい冷めがいですね☆

さっそく黒鯛釣りについていってみますか♪



朝晩、過ごしやすくなる8月終盤、
海の中も秋の気配が漂ってきます。

堤防一面ビッシリ付いてた
カラス貝がゴッソリ落ちます。

水温が下がり、透明度が増してきます。
スケスケの日が日増しに増えていく
のもこの時期です。
そんな日は、
水族館のように、黒鯛が悠然と泳ぐのが
見れますね^^;

見えてる黒鯛は、なかなか口を使わないですが……


カラス貝メインだった餌が、フジツボ、
ミドリ貝、カニ類、エビ類、と
多岐に渡ってきます。

この季節は、餌の選択がほんとに悩ましいです。
特に、落し込み釣り、前打ち釣り、ヘチ釣り。


そして、冬前の落ちを前に
がっつり餌を食べる時期でもあります。

落ちとは、浅場から深場へ
移動することですね。

このがっつり食べる時のことを
落ちの荒食いなんて呼びます。
これに当たると、良型の連発が楽しめます。

いつ荒食いするかは分からないので、
根気良く通うしかないです。はい^^;
ベテランの方は、こういったチャンスは
必ずものにしています。
おそらく長年の経験と、
その年の状況(天候、海況、餌の付き具合)
から分かるのでしょう。


落ちの荒食いに関わらず、
ベテラン常連釣師は、年何回かしか
ないような条件の良い日には、必ずいるもんです。
それが平日であっても…^^;

私なんぞ、貴重な有給で平日釣行を
敢行した日に限って、スケスケばっかりです^^;



そしてこの頃の黒鯛は、
一年で最もパワフルです。

40cm以上の黒鯛がかかると、
もうもう腕が嬉しい悲鳴をあげます。
2,3枚も釣れば、腕はパンパンになります。
並みの釣師なら。


またチンタの数も増える時期です。

一方、フカセ、紀州釣りの最盛期は
秋と言っていいでしょう。

餌取りが夏に比べ、幾分落ち着きます。
そして、黒鯛が夏ほどカラス貝に執着しなく
なります。

秋は、大小様々釣れ、
数釣りシーズンと呼ばれます。



↓ランキングに参加しています。☆
足跡変わりに、ぽちっと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります。


↑トップページに戻る↑

めっきり寒くなってます。
おでんが食べたい黒キチです。

黒鯛シーズンについてですね。
冬なのに夏の話をするのは変な感じですが…^^;

活性が高く、もっとも安定して
釣れるのがです。



黒鯛釣りの最盛期ですね。

乗っ込みが終わった黒鯛は、
一服状態になって、しばらく喰い渋ります。
だいたい、5月は厳しい時期ですね。

6月頃から、最盛期突入。
真夏の朝夕まずめ時は、周年を
通して一番釣れます。

この時期は、堤防壁、テトラに
カラス貝がびっしりつきます。

そんなポイントでは、黒鯛は
ひたすらカラス貝ばかり食べます。

釣った黒鯛の腹の中は、
カラス貝だらけです。
捌いた台所にカラス貝の
匂いが残ったりするくらいです^^;

よって、この時期のお薦めの釣法は
落し込み釣り、前打ち釣り、ヘチ釣りとなります。

この時期は、チンタから大物まで
サイズにばらつきがあります。

ベテランの釣師は、良型を
揃える技術を持ってます。

初中級車は、数釣っていく中で
良型が混じるというのが理想でしょうね。

大きい貝を使えば、
大きいの釣れる確率は高まりますが、
当たりは激減します。
私は、当たりがないことに、
中々耐えられません^^;
ここが、上級者への壁の一つなのかとも
感じます。


夏の夜釣りも面白いです。
夕涼みがてら、電気浮きを
眺めるのも一興です。
浮きがジワーッて沈んで
いく様は、手に汗握る瞬間です。

他の、フカセ釣り、紀州釣りは
餌取り対策が肝になります。
黒鯛の活性が高いのと同時に、
餌取りの活性もすこぶる高いです。

下手なコマセワークをしてしまうと、
餌取りだらけになって釣りにならなく
なることもあります。^^;



そういえば、カラス貝を食べてる黒鯛は
正直、美味しくないです。
磯臭いというか、独特の臭みがあります。

私は、夏場のチヌはほとんど食べません。
よってほぼリリースですね。



↓ランキングに参加しています。☆
足跡変わりに、ぽちっと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります。


↑トップページに戻る↑

黒キチです。

今日は、黒鯛釣り方について
自分の知識をまとめてみました。

釣り方といっても脈釣り、浮き釣り、投げ釣り、籠釣り…………

数えたらきりがない位ありますが^^;
対象魚別なんかにしたら一体どれくらいあるんかな?


黒鯛釣りに限っては、

脈釣り 浮き釣り ルアー釣り 投げ釣り

が基本となると考えられます。


脈釣りから派生した釣法が、ヘチ釣り、前打ち釣り、落し込み釣り
が挙げられます。

ヘチ釣りは、短竿を使用し堤防際に餌を落し込んで
黒鯛を狙います。

前打ち釣りは、長めの竿(4.5m?6.3m)を使用して、
沖目のかけ上がり(深くなっている海底の坂)や、
沖目のテトラの穴を狙って餌を打ち込みます。

落し込み釣りは、堤防の際に餌を落とし込んで、
黒鯛を狙います。
あれっ…、これではヘチ釣りと説明が同じですね^^;
補足すると、目印を使います。ハリスの上に、
ビニールやテープを一定間隔に巻いた仕掛け糸を結びます。
この目印で当たりを見極めます。
竿も若干長め(3m?4.5m)。

特殊なのだと庄内釣法があります。
庄内とは秋田県の地名で、
古くは江戸時代より行われていた釣法です。
おそらく日本最古の黒鯛釣法かもしれないです。
中通しの竹竿を用いた完全フカセの脈釣りです。

浮き釣り系は、浮きフカセ釣り、紀州釣りが有ります。

浮きフカセ釣りは、撒きえを撒いて黒鯛を寄せて狙う
釣法です。好感度の円錐浮き、棒浮き、
特殊な遠矢浮きを使ったり。
スイカを使った釣法など多彩です。

紀州釣りは、餌を団子でつつみます。
団子は、おから、砂、土、オキアミ、配合餌、
コーン、さなぎ、…etc 
黒鯛の好きな物を混ぜ合わせてあります。
団子でくるまれた餌を投入して、割れて出てきた餌で
黒鯛を釣り上げます。



釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡変わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります☆


師走ですね。
2008年も残すところ後一ヶ月^^;

遣り残したでいっぱいの黒キチです。

黒鯛シーズンっていつなの?冬でも釣れるの?

結論から、言うと一年中釣れます!!

ですが、黒鯛は一年の
行動パターンがあります。

そこのところを釣法と
絡めてまとめてみます。



乗っ込みと呼ばれ、冬深場にいた
黒鯛たちが一斉に浅場に現われます。

時期は、2月下旬から4月一杯。
水温の高い、場所ほど乗っ込みは早い。

この頃の黒鯛は、産卵を控え
餌を荒食いします。

柔らかい餌を好み、パイプ、エビ、ボケ
特にカメジャコが最高の餌となりました。

これらの生物が多く生息する場所、
河口部や干潟、遠浅の海岸なんかが、
この時期だけ、一級ポイントとなることもあります。

そのため、この時期は沖目を狙った、
前打ち釣り、ぶっ込み釣り、が有利になります。

腕の立つ落し込み・ヘチ釣師の中には、
盛期と同じようにカラス貝で好釣果を
出す猛者もたくさんいますが……。


黒鯛のルアー釣りの最高の時期でもあります。
黒鯛用のルアーは、何種類もあります。
その中で最も威力が高いのが、
カメジャコを模したルアーです。

その釣法は、Mリグと言われ、
はまれば餌を凌ぎます。






↑メジャークラフト エアライツ AL?782PE
Mリグ専用モデルのロッドです。
コストパフォーマンスの優れた一本です。




↑Rapala(ラパラ) カウントダウン CD?7
Mリグにはなくてはならないルアーです。


フカセ釣りや、筏(カセ)釣りも開幕します。
基本、夏場に比べ浅場がポイントになります。

乗っ込み時期は、時合を掴めば
魚の活性が高く高確率で釣果が上がります。


また、チンタクラスはほとんど釣れないので
大物の期待大です。
体力もなく、引き味も夏秋に比べて
弱いので年無が多く釣れるのもこの時期です。

ただし、春は天気が変わりやすく、
気温が一気に下がったりすると、
喰い渋ります。
いい日が長く続きにくいのも春です。



↓ランキングに参加しています。☆
足跡変わりに、ぽちっと応援よろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります。



↑トップページに戻る↑


秋も終わりですね。
コタツ守の黒キチです^^;

他の話題に流れていたので、
釣具の話に戻ります。
竿、リールときたので次は、………

網についてです。

黒鯛釣師といえば、網を背中に
しょってるイメージを持つのは、私だけでしょうか??

特に機動力がものを言う、
落し込み釣り、前打ち釣り、ヘチ釣り、ですけど。

網の種類も豊富で、

柄の長いもの、
仕舞い寸法の短いもの、
軽いもの、
網、枠のの素材色々

値段もピンきりです。


一般的に、落し込み釣り、前打ち釣り、ヘチ釣り、
においては、軽量コンパクトなものが人気です。




↑プロックス(PROX) 磯玉の柄 小継 剛 FE?X 5.3m
これは値段も手頃でなかなか使い勝手も良いです。




↑ダイワ ブラック ジャック スナイパー 玉の柄 60
有名メーカーになるとそれなりの値段ですね。


フカセ釣り、紀州釣り、
では、一箇所に留まることが多く、
玉網を常に携帯するということはありません。
そのため、柄の仕舞い寸法も長めです。

柄の仕舞い寸法が長いほうが、
実際に使う場合、スムーズに
柄が伸びて使いやすいです。

テトラや、磯など足場の悪い釣り場においては、
性能の良い若干高めのがお薦めです。

ただ、良く手の届く範囲に玉網を
置いてなく、あたふたしてる釣師もみかけますね^^;
そういう時ほど、釣れるのも不思議なもんです。




↑ダイワ(Daiwa) CRESSA 磯玉の柄50


筏(カセ)釣では、水面からの距離が短いため
柄の短い玉網が使用されます。


釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡変わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります☆


↑トップページに戻る↑


Before  | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 |  Next




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。