落し込みの釣り方

ここでは、落し込みの釣り方 に関する情報を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多くの落し込み師の間で使われ、
一般的な餌になりつつあるフジツボバリュー。




ですが、発売当初、餌のようでルアーのようでもある
フジツボバリューは餌釣りの落し込みでは
半信半疑で使う方が多かったのも事実です。

本物餌の成分を練りこんだフジツボの形をした
ワームといったところでしょうか。

実際に、釣れるか?となると釣れます

フジツボが出る前は、白い消しゴムを削って
フジツボに模して釣る方がいたくらいですから。

黒鯛は季節によって特に秋口、白い餌に
極端に反応を示すことがあり、
反射的に喰っているのかもしれません。


フジツボバリューの利点

・餌の採取が不要で常に携帯できる

・丈夫なので何回か繰り返し使える

・ワーム状なので手が汚れない



ただし、フジツボバリューは本物に比べて比重が重いので
操作に慣れることが必要になります。

いざという時のためにポケットにそっと忍ばせておくと
良いのではないでしょうか??

仕事の行き帰りにちょっと立ち寄ったりする時、
本当に便利です。

他にもイガイバリュー、ミドリバリューもありますので、
こちらも持っておいて損はない餌です。

     


釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!

垂直ケーソン攻略の続きです。

垂直ケーソンは単純な構造で、黒鯛落し込み釣りのフィールドの中でも
比較的攻めやすいことは事実です。

ですが、シンプルな構造が故に、餌の落下速度、餌の落下の軌道、
当たりの出る層の見極め、など多くの技と経験が生きるフィールドとも言えます。

餌の落下スピードと軌道
2パターンに分けてまとめてみます。

黒鯛の落し込み釣り
壁と並行に垂直に落し込みます。
大切なのは壁際をキープし続けること落下速度です。
落下速度の調節は、目印の浮力と錘で調節します。
日によって当たる落下スピードは異なるので、こまめに調節します。

※上層で当たりが頻発している場合は、
 ハリスを短くする、落下速度を遅くするなどして
 上層を通る時間を長くするのも有効です。

※錘を付ける位置、餌刺し方でも落下の軌道は大きく変わります。

黒鯛の落し込み釣り
スライダー釣法で壁にガツガツ当てるように落します。
壁際をキープすると言う点では大変理にかなっています。
また、壁にあたりながら落ちる軌道は黒鯛へのアピールにもなります。


どちらの方法が良いか言い切ることはできません。
その日の状況、場所によって変わってきているので、
色々試して、自分のパターンを確立することが必要です。


釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!


黒鯛の落し込み釣りのポイントとなる、防波堤や堤防の際の
形状別に攻略方法をまとめてみます。

1.垂直ケーソン編
黒鯛の落し込み釣り

水深が5m以上ある防波堤では、上図のように上層と
中層にカラス貝(餌)の層ができることがあります。

また、際底(ボタ底)に敷石や捨石が投入されている場合もあります。

こうなりますと、?上層のカラス貝の層、?中層のカラス貝の層、
?ボタ底周り、の三箇所が狙うべきポイントとなります。

※重要なのは、闇雲に落とし込むのではなく狙いを明確にして
落とし込むことが重要です。そうすることで、自分なりのパターンが
確立して、将来的に釣果アップが期待されます。

それでは、潮位別に攻略方法をまとめてみます。

?満潮時
上層のカラス貝の層が最大の狙い目です。
特に濁りと波気がある好条件の場合は、上場のみに絞って狙います。

スケ気味の条件や、やや喰い渋る場合は、上層から中層まで幅広く
探るようにします。

潮が透けている場合、喰い渋って当たりが出ない場合は、
思い切って上層に見切りを付けて、中層から底まで探ります。

?干潮時
好条件の場合は、中層のカラス貝のみを狙います。
透けている、喰い渋るなどじょうけんの悪い場合は
底のみを集中して探ります。

※底を探る場合のポイント
・着底の瞬間をしっかり見極めます。
・着底時、としばらくしてから当たりが頻発するので集中します。
・当たりはコツっと小さい場合や、穂先がわずかに重くなるなど微妙なものが多いです。
・着底後、しばらく待って、軽く餌を持ち上げ(誘い)、再び着底させ待ちを入れ、回収します。

春先は特に中層から底が狙い目のポイントとなります。
重めのオモリで上層を飛ばして、効率よく探ると良いと思います。


釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!



ちょっと大袈裟なタイトルになってしまいましたが、
要するに気配を消して落し込めということです。

黒鯛は、警戒心の強い魚で堤防上の音や振動を
感知したり、水面に移る影を見て、警戒を強めることがあるそうです。

つまり

1.音を立てずに移動する
2.海面に身を乗り出さないor影の位置を気を付ける

上述二点ですね。

特に水面が近い(低い堤防)ポイントは要注意です。

また、スケスケの時は特に気配を消すようにします。

見えチヌを狙う時も、気配を感づかれたら負けですね。


凄腕の落し込み師の釣りを見ていると、
無駄な動きがなく、テンポ良く探り続けます。
気づくと自分のすぐ側に近づいていたり、
上手く気配を消しているのだと感心することも多々です。

厳しい状況で、周りが釣れない状況で、結果を出すためには
忍者になることは一つの有効な手立てです。

また、ある凄腕の方曰く、透明度の高いポイントやスケスケの状態の場合、
服の色、竿の色も影響するとも言います。
派手な色はNGだそうです。
ブラックジャックシリーズは………感じですが^^;


釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!

二枚潮の攻略方法を微力ながらまとめます。

単刀直入に申しますと、
二枚潮になっていないポイントを探すこと
↑これにつきます。

ですが、どのポイントも二枚潮である、
いい濁りが入っている、
当たりは頻発している

こういう状況になりますと、何とかして
二枚潮を攻略するしかありません。

1.二層の潮流のうち、上層の部分だけ狙う。
上層部だけで、当たりが拾えるのなら、
上層部だけ効率よく探ります。

2.仕掛けを細くして潮流の影響を小さくする。
これは、潮流の速いポイントでの対策と
同じです。

3.オモリを重くして直線的に沈める。
竿先にわずかにオモリの重みを感じながら
落し込みます。重くすると落下スピードが
速くなってしまうので、穂先の操作が重要になってきます。


・目印仕掛けの素材浮力を落す(バルサ⇒ゼロスタッフ)
・仕掛けを細くする
・オモリを重くする(微調整です)

私は、↑の三点を調整して何とかして二枚潮を
効力をしようとしますが………難しいですね。


釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!



Before  | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 |  Next




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。