前打ちのタックル

ここでは、前打ちのタックル に関する情報を紹介しています。

黒鯛前うち用の竿と言っても最近では
様々なタイプが出されています。

今回は、テトラ帯で力を発揮するであろう、
タイプの前打ち用タックルを紹介します。

最近の前打ちロッドは超硬タイプが主流に
なりつつあります。
この流れは、前打ちの主戦場がテトラ帯中止であること、
また、黒鯛以外の魚を前打ちで狙うようになったからだと
考えられます。
(石鯛、カン鯛、イシガキ鯛)

超硬タイプのロッドの特徴は、胴がしっかりしていて
そんじょそこらの竿では曲がらないくらい硬い作りですが、
かなり、極端な先調子(竿先が柔らかい)で、
感度重視に仕上げてあります。

つまり、当たりがあったら即合わせして、
糸を出さずに強引に巻き上げ、黒鯛を釣り上げるのです。



【送料・代引き手数料無料】ダイワ ブラックジャックスナイパー T-53U

言わずと知れた人気ブランド、ブラックジャックスナイパーシリーズ。
胴の強さは申し分なく、強引なやり取りが可能です。
さらに、硬い強靭な竿がお好みの方はMSタイプを↓


【送料・代引き手数料無料】ダイワ ブラックジャックスナイパー MS-53U

竿の硬さは T < MS となります。

前打ち竿に関しては、他のメーカーでも、
だいたい2タイプ(ノーマルとハード)用意してるので、
自分のスタイルに合った竿を選ぶと良いと思います。

次はリールについて、テトラの前打ちを前提に
紹介します。
掛けたら速攻で釣り上げるスタイルなので、
倍速リールをお勧めします。

一般的な黒鯛用の太鼓リールは、
ギア比が 1 : 1 なので、ハンドルを一回転させて、一巻きです。
倍速タイプは、1 : 2 なので、ハンドルを一回転させて、二巻きです。
速く巻けるのですが、パワーは落ちまが、黒鯛釣りでは
さほど気にならないと思います。

 黒鯛工房 THE落し込み Z75?R HISPEED

黒鯛工房から『HISPEED』の名を冠したモデルが
あり倍速タイプとなっています。

3万円前後と値は、張りますが、現在
倍速モデルは貴重な存在となっています。


釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!

黒鯛前打ち釣りは、いったてシンプルな仕掛けなため、
針、錘にとことんこだわる釣り師が多いと思います。

黒鯛釣りに使われる、針は、チヌ針、伊勢尼針が
人気があり、主流と言えます。

どちらも軸がしっかりしていて黒鯛の強烈な
突っ込みで針が曲がったりはしません。

それでは黒鯛前打ち釣りで良く使われる
針と錘のセット方法についてまとめてみます。

黒鯛釣り

これは、前打ちでは良く知られたハリオモリです。
針の軸の部分にがん玉をかませます。
ペンチでしっかり潰して固定させます。
少量、瞬間接着剤をつけるとがっちり固定できます。

ハリオモリは錘が針と一体化し、餌の操作性が
抜群に良くなります。
また、感度も良いので、当たりを瞬時に感知することも
可能です。

特に蟹餌では、必ずハリオモリです。
他にはカラス貝も有効です。

ハリオモリは感度が良いので、黒鯛の当たりだけでなく、
慣れてくれば底の形状も手に取るように感じることができます。
根がかりもすぐに分かるため、ピット竿をあおってはずすことも
できるので、テトラ帯、石積み帯で最も威力を発揮します。

ただし、ハリオモリにも欠点があります。
軸にがん玉が挟んであるために、掛かりが
浅くなってしまうのです。
掛けた後、ばれやすいということです。


釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!


黒鯛の前打ち釣りのタックルを紹介します。

ロッドは、4.5?5.4mが基本になります。
場所によっては、6.3の長竿も使います。
前打ちロッドは基本的に、ズーム機能付が多く、
4.5?5.4の間で、m弱の伸縮が可能です。

ロッドの必要な条件は、黒鯛の突っ込みに耐えうる、
胴の強さ、黒鯛の繊細な当たりを捉える感度良好の穂先。
黒鯛のパワーを吸収する、竿のしなり。

つまり、硬調かつ繊細な当たりを感知できる、
先調子の竿となります。
また、餌の操作も竿先で行うので、より先調子であることが重要です。




 ダイワ ブラックジャックコマンダー F-53UM

価格は、2万円前後とリーズナブル。ビシッとした張りがあり、
操作性、感度とも申し分ない。
垂直ケーソン、石積み帯からの前打ちに最適な一本です。



黒鯛工房 ザ・前打ちVLリミテッド43/53H

黒鯛工房の中堅に位置する前打ちロッド。3万円前後。
ビシッとした感じは、文句なし。中級者以上におすすめの一本。

リールは、前打ち釣りでは太鼓リールを使う。
ドラグの付いたものが多く、落とし込みと同じである。



 黒鯛工房 THE落込 XL?75 BR

↑黒鯛工房のXL?75シリーズ。赤、青、銀の三色あり、
価格も一万五千円前後とリーズナブル。

本当のことを言うと、普通の前打ち釣りにおいて
リールの優劣は釣果にあまり大きな影響を与えない。
もっと安い物でも問題は、あまりないが、ある程度の価格のリールを
買えば長いこと使えます。


釣りブログランキングに参加しています。
↓足跡代わりに、ポチッと応援よろしくお願いします☆↓
にほんブログ村 釣りブログへ
励みになります!!



Before  | 知多半島を拠点にお気楽黒鯛釣り記録 |